木の管理の方法

エクステリア

木が伸びない方法

木を植えてから何年もたってしまうと、木は空に向かって大きく伸び枝も横に大きく伸びてしまいます。枝の伐採を行って木の形を整えてやらなければなりません。もうこれ以上木の伸びを止めたいときは、伸びた木の一番てっぺんの部分をまっすぐ横に切っていきます。枝の伸びを止めたいときは、もう伸ばしたくない部分をバッサリと横に切断します。これを芯止めと呼んでいてこの方法で木を伐採してしまうとそこから先のほうへは、木は伸びなくなってしまいます。成長していっても横にしか、枝や葉が伸びてきませんから、木や枝が大きく伸びて高くなってしまったということを防ぐことができます。見た目もさっぱりとして、余分な枝葉を切り落とすことで何年も上に伸びる成長を止めることができます。

管理が簡単

この芯止めを行うとそれ以降、木の管理が非常にしやすくなります。側枝が伸びてきますのでそれを手入れするだけで、半永久的に木は上に向かっては伸びませんので、落ちてくる葉も少なくなり、庭もきれいにこざっぱりします。大きな木がたくさんある場合は、おもいきって木を一本丸ごと伐採してしまうのも良い方法です。チエーンソーや斧、のこぎりを使用して伐採をしてください。伐採を行うときはあらかじめ伐採する木の枝を全部切り、木を身軽にしてから切り倒すようにしてください。枝の重みで思わぬところへ倒れてくることもありますので注意が必要になってきます。根こそぎ掘り起こして移動をする手段もありますがそれを行うには、重機などの大きな機械が必要になってきます。

オススメ記事

園芸用品

魅力的な庭つくりのために

春から秋にかけては芝の成長スピードが増す時期です。こまめに手入れをして素敵な庭を保ちましょう。頻繁な手入れが必要な成長期の芝刈りには扱いやすい電動ハンディバリカンタイプがおすすめです。細かなところまで届き、手軽に扱えます。

森

里山と害虫による被害

農業では安定的な収穫を得るための工夫が大切になります。その一環として、里山における間伐があります。定期的に間伐を行なうことで、里山で害虫が繁殖しなくなり、農作物が害虫被害に遭うことが少なくなります。昨今は間伐の減少によって害虫被害が拡大しているので、再び間伐を行なう機運が生まれています。

木材

山林の健全な育成のために

間伐は森林に生えている樹木を一定の割合で間引くことで過密化を避け、木々が健全に育つのを助ける作業です。十分な知識と経験が必要とされるため、人手不足気味の林業の世界にあっては専門家に対するニーズが高まっています。