山林の健全な育成のために

木材

木々の込み合いを防ぐ

近年では自然との共生や再生可能資源の活用という観点から、林業に対する関心が再び高まっています。しかし実際の林業の現場は就労人口の減少が深刻化しており、必ずしも隆盛を誇っているとは言えません。山林は自然のままに放置しておけばよいというものではなく、定期的に人間の手が入らないと荒れてしまいます。中でも、間伐は木々の健全な育成のためには欠かせない作業となっています。間伐とは一定の割合で樹木を伐採することで森林内が込み合うことを防ぎ、残った木の成長を促すことを言います。つまり簡単に言えば木を間引く作業です。最近は人手不足から間伐が十分に行われていない場所が増えています。そこでプロの伐採業者が山林地主の依頼を受けて間伐を代行するケースも目立っています。

自然災害の防止にも貢献

木々は自然の成長に任せているとやがて根や葉が密集して養分や日照が十分に行き渡らなくなり、森林全体が枯死してしまう可能性があります。また、下草が生えない森林は地盤がゆるくなり、土砂くずれのリスクを増大させます。間伐は木を間引いてそれぞれの個体が十分に成長するスペースを与えることで良質な木材を産出しやすくすると同時に、災害の発生を防ぎます。さらに伐り出された間伐材は、森林を破壊することなく得られた資源として有効利用することができます。間伐を行うには、どの程度の割合で伐採するか、どの木を伐ってどの木を残すかといった点について的確な判断力が求められます。相続等によって知識や経験のないままに山林地主となった人々にとっては、専門の伐採業者の助けが欠かせないものとなります。

オススメ記事

園芸用品

魅力的な庭つくりのために

春から秋にかけては芝の成長スピードが増す時期です。こまめに手入れをして素敵な庭を保ちましょう。頻繁な手入れが必要な成長期の芝刈りには扱いやすい電動ハンディバリカンタイプがおすすめです。細かなところまで届き、手軽に扱えます。

森

里山と害虫による被害

農業では安定的な収穫を得るための工夫が大切になります。その一環として、里山における間伐があります。定期的に間伐を行なうことで、里山で害虫が繁殖しなくなり、農作物が害虫被害に遭うことが少なくなります。昨今は間伐の減少によって害虫被害が拡大しているので、再び間伐を行なう機運が生まれています。

木材

山林の健全な育成のために

間伐は森林に生えている樹木を一定の割合で間引くことで過密化を避け、木々が健全に育つのを助ける作業です。十分な知識と経験が必要とされるため、人手不足気味の林業の世界にあっては専門家に対するニーズが高まっています。