里山と害虫による被害

森

里山が問題になっています

事業として農業を行う際には、種や苗などを植えて、最終的に作物を収穫することが目的です。反対にどれほど立派に育っていても、トラブルに巻き込まれると、収穫できないことがあります。作物を収穫できなければ、肝心の収入を得ることができなくなるので、事業として成り立ちません。そのため農業では、作物を安定的に収穫できるようにすることが、大きな課題になります。そうした点で害虫による被害は、典型的なパターンです。そこで農業では、害虫の被害を最小限に留める工夫をすることが大切になります。作物に被害を与える害虫は、田畑以外から訪れることが多くなります。このような田畑以外から訪れる害虫の原因として、問題になっているのが里山です。

虫が繁殖します

以前までの里山は、間伐材を集めるために、頻繁に人が出入りしていました。間伐材を集めていた理由は、薪などの燃料になるためです。またそのような間伐材は、都市部ではあまりありません。そのため里山の地域の人は、間伐材を都市部で販売して収入源にもしていました。しかし最近は化石燃料が主流になり始めたので、間伐材の利用が少なくなったのです。そのため里山は間伐材が残ったままになって、木が生い茂るようになりました。木が生い茂ると密集した状態になるので、通気性が低下して、虫が繁殖するようになります。このようにして繁殖した虫が、田畑に訪れて害虫となる被害が増加しています。したがって間伐材の利用が、再び見直されるようになっているのです。

オススメ記事

園芸用品

魅力的な庭つくりのために

春から秋にかけては芝の成長スピードが増す時期です。こまめに手入れをして素敵な庭を保ちましょう。頻繁な手入れが必要な成長期の芝刈りには扱いやすい電動ハンディバリカンタイプがおすすめです。細かなところまで届き、手軽に扱えます。

森

里山と害虫による被害

農業では安定的な収穫を得るための工夫が大切になります。その一環として、里山における間伐があります。定期的に間伐を行なうことで、里山で害虫が繁殖しなくなり、農作物が害虫被害に遭うことが少なくなります。昨今は間伐の減少によって害虫被害が拡大しているので、再び間伐を行なう機運が生まれています。

木材

山林の健全な育成のために

間伐は森林に生えている樹木を一定の割合で間引くことで過密化を避け、木々が健全に育つのを助ける作業です。十分な知識と経験が必要とされるため、人手不足気味の林業の世界にあっては専門家に対するニーズが高まっています。