庭に生える草

花

人工芝と天然芝、それぞれの特徴

あなたの家に庭はありますか。また、その庭には芝が生えていますか。芝生の鮮やかな緑色は、庭の印象をとても明るくしてくれます。芝生にも大きく分けて、人工芝と天然芝の2種類があります。人工芝は、天然芝の見た目に似せたものなので、天然芝のように、直接手入れをする必要はありません。しかし、そこに土がある以上、雑草は生えてきますので、そちらは刈る必要があります。一般的には、人工芝の下に、防草シートを置いた上で、人工芝を置きます。そうすることで、雑草が光合成をしないので、生えてくる心配もなくなります。天然芝は、普通の植物と変わらないので、手入れが必要です。人工芝にはない、天然独特の綺麗さから、天然芝を好む人が多いですが、手入れが大変で、追いつかない、という話も聞きます。ここで、知っておくと得をする情報があります。それは、天然芝を張るタイミングです。タイミングは、春が芝の痛みも一番少なく、お薦めです。これから芝生を張る人は、この時期に合わせて始めると良いでしょう。

工夫して、手入れを楽にしよう

人気の高い天然芝ですが、人工芝に比べ、手入れが大変なのも事実です。しかし、天然芝でも、様々な工夫をすることで、手入れが楽になります。その方法を紹介します。まず、芝生の種類です。強い芝、というのは、足で踏まれても倒れることがないものを言いますが、天然芝の多くはそこまで強くありません。しかし、その強さを持った上で、密度も高く、綺麗な緑色をしている芝が販売されています。強い芝を選ぶことで、手入れも楽になります。また、土自体の栄養を高めてくれる薬剤も、手入れを楽にする工夫の一つです。面積の大きい庭では、芝刈り機を使うことで、かなり手入れが楽になります。これらの工夫をすることで、手入れの大変な天然芝とも、上手く付き合っていくことができるでしょう。

オススメ記事

園芸用品

魅力的な庭つくりのために

春から秋にかけては芝の成長スピードが増す時期です。こまめに手入れをして素敵な庭を保ちましょう。頻繁な手入れが必要な成長期の芝刈りには扱いやすい電動ハンディバリカンタイプがおすすめです。細かなところまで届き、手軽に扱えます。

森

里山と害虫による被害

農業では安定的な収穫を得るための工夫が大切になります。その一環として、里山における間伐があります。定期的に間伐を行なうことで、里山で害虫が繁殖しなくなり、農作物が害虫被害に遭うことが少なくなります。昨今は間伐の減少によって害虫被害が拡大しているので、再び間伐を行なう機運が生まれています。

木材

山林の健全な育成のために

間伐は森林に生えている樹木を一定の割合で間引くことで過密化を避け、木々が健全に育つのを助ける作業です。十分な知識と経験が必要とされるため、人手不足気味の林業の世界にあっては専門家に対するニーズが高まっています。