芝の手入れについて

芝刈り

芝生の手入れには芝焼きとい方法もあり、その注意点とご紹介します。

芝生の手入れの中では、芝焼きという、2月から3月にかけての完全に枯れて茶色くなった芝生に火をつけて焼くという手入れの仕方があります。 この芝生手入れ方法の一つである芝焼きの効果は、その一、芝生の中に埋もれている雑草の芽や雑草の種を殺してしまいます。その二、芝生の中に潜んでいる害虫を全て火で焼き殺してしまいます。その参、芝生の新芽の育ちをよくします。その四、芝生が焼けて灰になることで土壌がアルカリ性になり、芝生の発育がよくなります。などなど、とてもいいことが多い手入れの方法なのです。 そこで、注意なのは火のとりあつかいです。特に乾燥した冬、2月3月にするので、火の用心には充分注意して、防火用の水を必ず用意してやることがとても大切です。

知っておくとよい情報。

芝生に関して知っておいた方がいい情報を提供したいと思います。 まず、芝はとても湿度が嫌いです。べちゃべちゃと湿った苔が映えるようなところには不向きで根腐れしてしまい、育ちません。つぎに太陽の光がとても好きです。よく大木の下に芝があまり生えていないのを見たことがあると思いますが、これが、日差しが充分でないのと、湿っているからです。 そしてまた、芝はある程度踏んだ方がいいと言われています。もちろん、ラッシュアワーの電車の中のようにたくさんの人がずっと踏み続けるのはよくないですが、適度に人が散歩したりするのは、芝の不必要な成長をさせないという効果もあるのです。 このような知識をしっておくことでより一層、すてきな芝の庭ができると思います。

オススメ記事

園芸用品

魅力的な庭つくりのために

春から秋にかけては芝の成長スピードが増す時期です。こまめに手入れをして素敵な庭を保ちましょう。頻繁な手入れが必要な成長期の芝刈りには扱いやすい電動ハンディバリカンタイプがおすすめです。細かなところまで届き、手軽に扱えます。

森

里山と害虫による被害

農業では安定的な収穫を得るための工夫が大切になります。その一環として、里山における間伐があります。定期的に間伐を行なうことで、里山で害虫が繁殖しなくなり、農作物が害虫被害に遭うことが少なくなります。昨今は間伐の減少によって害虫被害が拡大しているので、再び間伐を行なう機運が生まれています。

木材

山林の健全な育成のために

間伐は森林に生えている樹木を一定の割合で間引くことで過密化を避け、木々が健全に育つのを助ける作業です。十分な知識と経験が必要とされるため、人手不足気味の林業の世界にあっては専門家に対するニーズが高まっています。