魅力的な庭つくりのために

園芸用品

春から夏は芝が伸びる時期

芝は春から夏、秋口まではどんどん成長します。芝にとって日当たり、水の量や水はけなど好条件が揃えば、成長のスピードはますます速くなりぐんぐんと伸びてしまいます。この時期には週に一度は芝刈りをするという家庭もあるのではないでしょうか。芝が敷かれて一面が鮮やかな緑色の庭はとても素敵ですが、伸びてしまい背が高くなった芝は雑草と変わりないように見えてしまいます。せっかくの素敵な庭が伸びきった芝で荒れ果てた庭のように見えないためにも、こまめな芝のお手入れは欠かせません。5月から9月頃には芝刈りをこまめに行い、美しい庭を保ちましょう。伸びてしまったから芝を刈るのではなく、伸びきってしまう前に芝刈りをしましょう。

手軽に扱える道具

芝刈り機は電動手押し、またハンディのタイプと様々ありますが、電動ハンディバリカンのタイプが使い勝手がよく、芝刈りの作業が楽に感じるでしょう。女性でも片手で扱える重さなので、頻繁に芝刈りをする時期にはハンディバリカンのタイプが重宝するでしょう。電動の芝刈り機は一面がムラなく芝を刈れるので仕上がりがとても綺麗に見えます。せっかく手入れをしてもガタガタと不揃いになってしまっては残念です。狭いところや細かなところはハサミを使うと良いですが、ハンディバリカンならかなり細かいところまで入ります。芝を刈った後はホウキできちんと刈りカスを取り除くことも忘れてはいけません。放置しておくと病気などの原因になります。芝刈り機も使用後のお手入れを忘れないようにしましょう。

オススメ記事

園芸用品

魅力的な庭つくりのために

春から秋にかけては芝の成長スピードが増す時期です。こまめに手入れをして素敵な庭を保ちましょう。頻繁な手入れが必要な成長期の芝刈りには扱いやすい電動ハンディバリカンタイプがおすすめです。細かなところまで届き、手軽に扱えます。

森

里山と害虫による被害

農業では安定的な収穫を得るための工夫が大切になります。その一環として、里山における間伐があります。定期的に間伐を行なうことで、里山で害虫が繁殖しなくなり、農作物が害虫被害に遭うことが少なくなります。昨今は間伐の減少によって害虫被害が拡大しているので、再び間伐を行なう機運が生まれています。

木材

山林の健全な育成のために

間伐は森林に生えている樹木を一定の割合で間引くことで過密化を避け、木々が健全に育つのを助ける作業です。十分な知識と経験が必要とされるため、人手不足気味の林業の世界にあっては専門家に対するニーズが高まっています。